当社のレコーダで収録したデータファイル用の波形ビュワおよび後処理解析用のプログラムです。 基本プログラムPcWaveFormは、当社レコーダに標準付属のプログラムですが、単体でのご購入も可能です。 一部の他社様データフォーマットの読み込みサポートや変換プログラムもご用意申し上げております。
年間サポートサービス付きプログラムバージョンアップや複数のPCでご利用いただく場合の追加ライセンス価格なども設定させていただいております。

DEICYソフトウェアサポートページへのリンクは、ここをクリック。
 

PcWaveForm PL-U4101C1
PcWaveFormは、当社のレコーダで収録したデータファイル用の波形ビュワで、収録現場で、波形を素早く表示・確認し、必要な部分を切り出し、ファイルフォーマットの変換や、データ確認のため各種解析を実行するために開発されたプログラムです。

  • 当社収録装置データファイルの標準波形ビュワ
  • 100chを超えるデータファイルにも対応
  • 波形時間軸/振幅軸の拡大と縮小と解析処理
  • 基本統計、X-Y、FFT、1/nオクターブ、Waterfallなど
  • チャネル間・関数演算機能とスクリプトによる実行
読み込むことのできるデータファイルは、収録条件が記録されたテキスト形式ヘッダファイル (.hdr/.AXX) とインタレース形式のバイナリデータファイル (.dat/.DXX) がペアになった当社レコーダのデータファイルの他、DADiSPデータファイルやTEAC社TAFFmatデータファイル、MTS社RPCファイル、Vector社MDFファイルなどを直接 (他社データファイルの場合、読み込むことのできる情報に一部制限のある場合があります。) 読み込むことができ、PcWaveFormの多様な解析機能をご利用いただくことができます。

 

PcWaveForm FANA PL-U4105
PcWaveForm FANAは、PcWaveFormの機能に、最大最小法/最大法/最小法/極大極小法/正領域極大法/負領域極小法/正領域極大極小法/負領域極大極小法/レインフロー法/振幅法/レベルクロス法/トルク累積回転数法/時間率頻度法/熱時間率頻度法などの一次元頻度解析処理、二次元レインフロー法/フロムツー法/他チャネル参照極大極小法/二次元時間率頻度法などの二次元頻度解析処理を追加したプログラムです。不規則に変動する荷重などの信号を各種の頻度解析手法により波形分解を行い、応力レベルごとの頻度を計算するプログラムです。

  • 頻度解析結果のグラフ・リスト表示
  • 頻度解析結果のCSVファイル出力
  • 修正マイナ則による被害推定

 

FANAプログラムによる頻度解析結果から、被害推定を行うプログラム「被害推定プログラム」(修正マイナ則を含みその他の被害推定手法をサポート)、およびその解析結果をワイブル確率紙上にプロットする「ワイブル確率紙プログラム」を別途ご用意しております。

 

PcWaveForm WBV+ PL-U4213
PcWaveForm WBV+は、PcWaveFormの機能に、振動暴露解析処理機能を追加したプログラムです。振動暴露(振動被曝)とは、人体全身あるいは一部が振動下に晒されている状態です。振動が人体におよぼす影響は、快適性の低下(快感減退境界)、作業能率の低下(疲労、能率減退境界)、健康や安全への影響(暴露限界)と様々な形で現れます。

  • ISO2631-1 全身振動規格補正フィルタWk/Wd
  • ISO5349 上肢振動規格補正フィルタ
  • 最大過渡振動値/四乗則暴露量値/累積頻度相当値
  • 補正加速度実効値グラフ表示

 

PcWaveForm Utility Programs
テキストデータファイルをPcWaveForm形式に変換するプログラムなどのユーティリティプログラムです。


 
DEICYソフトウェアサポートページへのリンクは、ここをクリック。